イオンカードで海外キャッシングをするには! – 繰り上げ返済と手数料を解説!

スーパーからコンビニまで普段から大活躍のイオンカードですが、イオンカードは海外キャッシングにも使う事ができます。

イオンカードは普段よく使っているカードだと思うので、海外でもショッピングだけでなく海外キャッシングにも使えると便利ですよね。

また、イオンゴールドカードであれば

  • 海外旅行保険
  • 海外ショッピング(VISA,マスター)
  • 海外キャッシング

が1枚のカードに含まれているため、とても便利なカードになります。

海外旅行にも持って行って、既にガンガン使っている人も多いと思います。

とはいえ、海外旅行でイオンカードの海外キャッシングを使う前にはいくつかの注意点があるので覚えておく必要があります。

イオンカードの海外キャッシングの基本的な知識

イオンカードの海外キャッシングにかかる3つの手数料

まず、イオンカードで海外キャッシングを利用する際にかかる、3つの海外キャッシング手数料を確認していきましょう。

  1. 為替レート手数料
  2. ATM利用手数料
  3. 金利手数料

1. 為替レートの手数料

為替レートの手数料とは、両替に対する手数料です。

円とドルの間には「1ドル100円」のようなレートがあり、需要と供給の関係によって毎日変動しています。

JPYUSD為替レートの推移チャート

通常、両替をする際には毎日変動する為替レートに対して数%の上乗せをして両替をします。

その数%の上乗せ分が為替レートの手数料となり、両替を行う会社の利益になります。

空港や旅行先にある両替所の手数料はとても高く、3%から25%程度になることもあります。

10万円の両替に対して3,000円から2万5千円を取られることになるので、かなりの損をします。

一方、海外キャッシングの為替レート手数料は0.2%から2%程度。

10万円の両替に対して200円から2,000円なので、1/10の為替レート手数料で両替ができることになります。

2. ATM利用手数料

イオンカードで海外ATMを利用すると、ATM利用手数料がかかります。

ATM利用手数料とは、海外のATMを利用する時に支払う必要がある手数料で、コンビニや銀行のATMを利用す際に取られる手数料と同じです。

日本円で1万円以下の海外キャッシングで108円、1万円以上で216円のATM利用料がかかります。

1万円以下1万円以上
ATM利用手数料108円(税込み)216円(税込み)

100円、200円と聞くと少額に聞こえるかもしれないのですが、ATMを利用する度に取られてしまうのが大きなデメリット。

日本よりも治安が悪く犯罪に巻き込まれやすい海外旅行中は、あまりたくさんの現金を持ち歩きたくないもの。

ATMはそこら中にあるので、現金は必要な分だけを持って行動したいと考えると、ATMを利用する度に取られるATM利用手数料は気になってしまうところです。

3. 金利手数料

イオンカードの海外キャッシング金利手数料は18%です。

18%とは年利の事で、実際に支払う金利は日割りで計算されます。

利用日から支払日までに対して金利がかかります。

金利と聞くと少し怖くなってしまうと思いますが、計算方法としくみをちゃんとしっておけば全く問題無いことが分かると思います。

たとえば、5万円を10日海外キャッシングすると金利は0.49%。

金額にすると245円です。

ATM利用料(216円)と合わせても461円なので、両替所の金利(3%-25%)の千5百円から1万2千5百円に比べれば遙かに安い手数料になります。

金利は日割り計算になるので、1日でも早く返済をすることで金利手数料を減らすことができます。

イオンカードの場合、毎月10日が「締め日」で、翌月の2日が支払日です。

イオンカードの支払日サイクル

なので、50日で返済をした場合、日割り金利で「2.47%」の金利を支払う事になります。

イオンカードの海外キャッシングはリボ払いに設定されているので注意

イオンカードの海外キャッシングの返済は、自動的にリボ払いに設定されているので注意が必要です。

なぜ注意が必要なのかというと、海外キャッシングをしたまま何もしないと、日割り金利がずっとかかり続けてしまうからです。

ザックリ言ってしまえば、消費者金融でお金を借りているのと同じ状態になってしまいます。

たとえば、海外旅行で10万円の海外キャッシングを利用したとします。

すると、イオンカードでは自動的にリボ払いのキャッシングをしたことになります。

仮にリボ払いの支払金額設定が「5千円」だった場合、19,772円分もの金利を支払うことになってしまいます。

リボ払いの総支払額シミュレーション

利用金額が増えれば支払い金利はさらに増えるので、利用通貨によっては手数料が両替所よりも高くなってしまうことさえあります。

これでは海外キャッシングを利用する意味がなくなってしまいます。

ですので、1日でも早く返済をする方法を知っておく必要があります。

イオンカードは繰り上げ返済ができない

イオンカードの海外キャッシングは強制的にリボ払いになってしまうため、いわゆる「繰り上げ返済」をする事がができません。

そのため、リボ払いの「リボ払いお支払い額増額サービス」を利用して、海外キャッシングの利用分を返済します。

「リボ払いお支払い額増額サービス」と言われると分かりにくいのですが、カンタンに言ってしまえば、ふつうのクレジットカードの一括払いの支払いに変更するようなイメージです。

海外キャッシングで利用した分のお金を、一括で返済するので30-50日程度の金利手数料のみの支払いで済みます。

イオンカードの海外キャッシング利用シミュレーション

たとえば、この例であれば利用日から支払日までの日数が42日となるので、

  • 元金:100,000円
  • 金利:2,077円
  • 支払額:102,077円

となります。

具体的には、通常は定額のリボ払い金額を変更して支払いをする方法になります。

リボ払で支払いを続けると金利がかかり続けてしまうので、一時的に増額して支払いの残債をゼロにしてしまうのが、「リボ払いお支払い額増額サービス」を使う目的です。

「リボ払いお支払い額増額サービス」はイオンスクエア内のマイページから申請することができます。

リボ払いお支払い額増額サービス

リボ払いの残金を一括で支払ってしまえば、日割り金利を無駄に支払う事を防げます。

イオンカードで海外キャッシングをしたら、「リボ払いお支払い額増額サービス」

繰り返しになりますが、イオンカードで海外キャッシングを利用したら帰国後にすぐ「リボ払いお支払い増額サービス」です。

イオンカードは普通のクレジットカードで海外キャッシングを利用するのとは違って、返済方法が「強制リボ払い」となり、大変危険です。

海外キャッシングを利用したまま放っておくと数万円単位で金利を支払うことにもなりかねないので、十分注意してください。(※結構な頻度でやらかしてしまいます)

さらに金利手数料を抑えるには、ATMで返済

また、請求額が確定すれば、「ATMリボ払い返済サービス」を使う事で支払日を待たずATMを利用して返済することも可能です。

「ATMリボ払い返済サービス」は、イオン銀行のATMなど提携のATMを使ってリボ払いの返済をすることができるサービス。

請求額が確定してから引き落としが行われる支払日まで8日ほど待つ必要があるのでその間も日割り金利がかかり続けます。

そのため、ATMを利用して返済をしてしまう方が支払額が安く済みます。

手数料を抑えるためにATMで返済

イオンカードで海外キャッシングを利用するための準備

キャッシング利用枠を確認する

イオンカードで海外キャッシングを利用する場合は、カードの「キャッシング枠」を利用します。

キャッシング枠とは現金を借りるための枠で、レストランやお店で買い物をする「ショッピング枠」と分けて設定されています。

海外キャッシングにはキャッシング枠が必要なのですが、イオンカードにキャッシング枠が設定されていない可能性があります。

ですので、自分のカードのキャッシング枠が設定されている必要があります。

カードのキャッシング枠はイオンスクエア内のマイページから確認ができます。

イオンカードの利用可能枠の確認

暗証番号を確認する

海外ATMのキャッシングでは暗証番号が必要になります。

暗証番号は、イオンスクエア内のマイページ、またテレホンアンサーから確認することができます。

イオンカード海外ATMの使い方

イオンカードで海外キャッシングをする際には、

  1. カードを入れる
  2. 言語選択をする
  3. 暗証番号を入力する
  4. 取引を選択 – Cash Withdrawal(引き出し)
  5. 口座を選択 – Credit Card(クレジットカード)
  6. 金額を選択 – (選択、もしくは希望額を入力)
  7. 現金とカード、明細を受け取る

という流れになります。

文字で書くとシンプルなのですが、実際のATMは少しずつ選択肢が変わったりするので混乱してしまいます。

とはいってもどのATMもカードを入れて暗証番号を入れて取引を選択して金額を選択するという、基本的な流れは同じです。

ですので、ザックリと流れだけを把握しておいて、ATMを使いながら慣れるのが混乱せずに海外ATMを使えると思います。

※動画はセディナカードで解説していますが、海外ATMの操作方法は同じです。

カード会社が教えてくれない海外ATMの罠

イオンカードに限らず、海外キャッシングで最も注意しなければならないのが「海外ATMによる両替」です。

海外キャッシングの最大のメリットは、為替レートが安いことで手数料を安くできる事です。

その理由は、VISAやマスター、JCBといったカードブランド提示する為替レートで両替ができるからです。

ところが、最近では海外ATMが両替を促す画面を表示するようになっています。

海外ATMの両替を促す画面

ここで「YES」(はい、表示のレートで両替をします)を選択してしまうと、良いレートのカードブランドの為替レートではなく、悪いレートのATMの会社の為替レートで両替をしてしまいます。

動画のATMはタイの「アユタヤ銀行」のATMですが、タイバーツ/日本円の支払額が21,495円なので為替レートは実質「3.5825」。

2018-8-31-THBJPY市場レートアユタヤ銀行マスターカード
為替レート3.38723.58253.3936
支払額¥20,323¥21,495¥20,362
%5.77%0.19%

マスターカードの為替レートと比べると、1,000円以上(5.58%)も違います。

これはあくまでアユタヤ銀行の為替レートで、さらに不利なレートを提示されることもありますので注意が必要です。

ポイントとしては、引き出す金額を確認した後に「レートを表示する画面が出てきたら、NOを選択する」と覚えておきましょう。

  • 「conversion」(変換=両替)
  • 「exchange rate」(両替レート)
  • 「conversion rate」(両替レート)

が出てきたら、「NO」、もしくは「without(省いて)」を選択、です。

イオンカードで海外キャッシングしたお金の返済方法

イオンカードで海外キャッシングしたお金の返済方法は3つ。

  1. 「ATMリボ払い返済サービス」
  2. 「リボ払いお支払い額増額サービス」
  3. そのままリボ払い

イオンカードの海外キャッシングは強制的にリボ払いになるので、いずれかの方法で返済を行います。

金利手数料が日割りになるので、海外キャッシングで利用した金額をできる限り早く支払える方法ほど、手数料が安くなります。

1. 「ATMリボ払い返済サービス」

最も金利手数料が安くなるのが「ATMリボ払い返済サービス」。

手数料を抑えるためにATMで返済

支払い明細確定後に、イオン銀行などの提携ATMから返済を行うことができます。

イオンカード提携AMT一覧

10万円の利用で、4-500円を節約することができます。

イオン銀行ATM、ゆうちょ銀行ATMは返済時にATM利用手数料がかからないので、イオンや郵便局に行ける時についでに返済をしてしまいましょう。

また、スマホやネットからの操作があまり得意でない場合にも、ATMの操作は分かりやすいので便利です。

2.「リボ払いお支払い額増額サービス」

「リボ払いお支払い額増額サービス」はその月の支払額を一時的に増やす事ができるサービス。

強制的にリボ払いになってしまうイオンの海外キャッシングを、実質的に一括払いで支払う事ができます。

イオンカードの海外キャッシング利用シミュレーション

放っておくとリボ払いのままで多額の金利を支払う事になるので、

  • ATMでのリボ支払い
  • 増額サービス

のいずれかは必ずやっておく必要があります。

「リボ払いお支払い額増額サービス」は会員サイトのマイページから手続きができます。

リボ払いお支払い額増額サービス

3.そのままリボ払い

コレだけは避けてください。

イオンカードは何もしないと海外キャッシングが強制的にリボ払いになってしまいます。

場合によっては数万円以上の金利手数料を支払うことにもなりかねないので、海外旅行で海外キャッシングをしたら、まず最低限「リボ払いお支払い額増額サービス」はやっておきましょう。

海外キャッシングのリボ払いも可能

そもそも2017年の11月1日まで、イオンカードでは海外キャッシングの支払いが自動的にリボ払いになる恐ろしい仕様でした。(※現在は一括払いになる)

イオンカード提携ATM

結論から言ってしまえば、海外キャッシングの利用分をリボ払いに変更することは可能です。(※e-NAVIより変更可能)

ただし、よほどの理由が無い限りオススメしません。

カンタンに言ってしまえば消費者金融と同じ仕組みなので、超高額の金利を支払うことになってしまうのが理由です。

さらに海外海外キャッシング手数料を安くする方法

イオンカードでも海外キャッシングをすることができるのですが、

  • 強制的にリボ払いになってしまう
  • 海外ATMを利用する度に利用料がかかる
  • 返済のためのリボ増額がわかりにくい

といったデメリットがあります。

ですので、海外旅行までにまだ時間があるのであれば、セディナカードを持っておくことをオススメします。

セディナカードは、

  • イオンカードよりも手数料が最も安い
  • 旅行先からでもネット経由で返済できる
  • 年会費も無料

といったメリットがあります。

イオンカードとセディナカードの海外キャッシング手数料を比較

2019/2/2イオンカード(VISA)セディナカード(マスター)
為替レート(MYR26.71)26.8326.77
MRY2,000両替¥26,834¥26,768
ATM利用手数料¥2160
キャッシング日数5-6日3-4日
金利手数料¥79¥53
合計¥27,129¥26,821

(※2019年2/2日の実レートでの比較)

イオンカードでのキャッシングが向いている人

イオンカードでのキャッシングが向いている人は、数千円程度の手数料はあまり気にならず、面倒な事は避けたい人。

また、リボ払いの請求額確認や増額申請をMyPageから行う必要があるのでイオンカードをメインで使っていてネットからの操作に抵抗がない人に向いています。

[spec_aeon]

セディナカードが向いている人

セディナカードでのキャッシングが向いている人は、少しでもキャッシング手数料を安く済ませたい人。

多めに両替する人や、海外旅行に行く頻度が多い人も手数料が積み重なってくるのでセディナカードが向いています。

また、旅行先であまり現金を持ち歩きたくない人や治安が気になる人も、手数料がかからずにATMから出金ができるセディナカードが安心です。

セディナカード
セディナカード
特徴
海外旅行にとりあえず持っておくべき、海外キャッシングで両替ができる年会費無料のカード!
年会費海外旅行保険
無料なし
公式サイトで詳細を確認する
ポイント
  • 年会費永年無料!
  • 海外キャッシングでどこよりも有利なレートで現地通貨を両替可能!
※本サイトの表記内容は2020年1月現在の内容になります。
  正しい詳細に関しては株式会社セディナの公式ページをご確認ください

運営者情報

テツ夫

テツ夫

クレジットカードやステータス制度を利用して旅行を快適に過ごすための方法を実践。
クレジットカードや陸マイルを利用してANA100万マイルを約2年程度で貯める。
ラクして得するのは好きだが、細かく面倒なことは嫌い。
「ANAダイヤモンド会員、Marriottチタン会員、ヒルトンダイヤモンド会員、IHGスパイアエリート会員」を取得。
自分自身の経験から、得して旅を楽しむための情報とTipsを紹介します!

「イオンカードで海外キャッシングをするには! – 繰り上げ返済と手数料を解説!」の目次

Scroll to Top