ANAカードを徹底比較!マイルが貯まるおすすめの5枚はコレ!

マイルを貯めたい!旅行に行きたい!

マイルを使ってガンガン旅行に行っている人がうらやましい!

そこで、ANAマイルを貯めようと思ってまず思い浮かぶのはANAカードですよね。

ANAカードは、他のクレジットカードに比べてマイルが貯まりやすくなっています。

なので、はじめてクレジットカードでマイルを貯めるのであればANAカードが最適です。

とはいえ、ひとことでANAカードといっても全部で21種類

どのカードを選べば良いか分からなくなってしまいますよね。

そこで、この記事では目的・ライフスタイル別のおすすめANAカードとANAカードの選び方を解説します。

ANAカードは他のカードに比べてマイルが貯まりやすい!

ANAマイルを貯めるのであればANAカードです。

というのも、ANAカードでマイルを貯めるのは、他のカードよりもマイルが貯まりやすくなっているのが理由。

どうせクレジットカードを使うなら、少しでもマイルが多く貯められるカードを使いたいですよね。

ANAカードはANAマイルが貯まりやすくなるいくつかの特典が付いているので、マイルが貯まりやすいんです。

ANAカードを使って1年で貯められるマイルはどれくらい?

もし今クレジットカードではなく、生活費の大半を現金で支払っているなら、最低でも年に1回くらい海外旅行に行けるくらいのマイルは貯まります。

貯まるマイル数は生活費や出張、旅行の回数によって変わりますが、ハワイに行けたり台湾や韓国になったりする程度は貯まります。

ちゃんとマイルを貯めるようにすれば、毎年海外旅行に行ける分だけのマイル程度なら誰でも貯められるので、安心してください。

旅ラブのANAアカウント積算マイル

ANAカードを使うのと使わないのとでは、どれくらい違う?

ものすごく違います。

特に今の生活費をほとんど現金で支払っているなら、かなり損をしていることに驚くと思います。

また、出張や旅行で貯まるマイルも異なるので、大きく変わります。

1回ごとのマイル差はそれほど大きく感じないので見過ごしてしまいがちですが1年間のマイルを合計するとかなりの差が出る事になります。

たとえば、

  • 月21.5万円の生活費をANAカードで払う
  • ANAカードを持った状態で飛行機を利用する

の2つだけでも、ANAカードでは35,000マイルが貯まります。

ANAカードと現金の比較

35,000マイルはハワイの特典航空券に交換することができます。

一方、現金払いの場合は6,583マイル。

6-7,000マイルでは何もできません。

とても勿体ない話なのですが、マイルの使い道がないまま有効期限を迎えてマイルが失効してしまう人もたくさんいます。

マイルが貯まりやすいANAカードおすすめ5選!

ANAカードは全部で21種類があり、還元率やフライトボーナスの割合、カードで利用できる特典が異なります。

なので、マイルを貯める目的やライフスタイル、年間の決済金額などによって最適なカードが異なります

そこで、マイルを貯める目的やライフスタイル、カード決済をする金額などに分けて、それぞれおすすめのカードをピックアップします。

この5種類の中から選んでおけば、カード選びに失敗することはありません。

ピックアップする5種類のタイプはコレ。

  1. 決済額は多くないが旅行が好き!
  2. いつかはANAの上級会員を目指したい!
  3. 飛行機に乗る機会が多い!
  4. カードの決済金額が多い!
  5. 飛行機にはほとんど乗らないがマイルが貯めたい!

1. 決済額は多くないが、旅行好きがマイルを貯めやすいおすすめANAカード

ANAアメックスカードは無期限でマイルが貯められるカード。

普通では手が届かないようなヨーロッパ、ビジネスクラスや場合によってはファーストクラスの特典航空券が狙いたい人はこのカードでです。

有効期限を無期限で貯められるカードの中では最も安く年会費を抑えられます。

マイル活動最大の敵は「有効期限」

通常、クレジットカードのポイントが2-3年、マイルの有効期限は3年。

マイルの有効期限

年間2万マイル貯められる人が上手にやりくりして5年間マイルを貯め続けたとしても10万マイルしか貯まりません。

仮に、「ハワイのビジネスクラスに夫婦で行きたい!」という夢があってマイルを貯め続けても、ハワイのビジネスクラス特典航空券は一人につき、65,000マイルが必要。

6年後にはマイルが失効してしまうので、二人分の特典航空券には一生手が届きません

3年ごとに失効するマイル

ところが、ANAアメックスカードは有効期限が無期限にできるカード。

なので、年間2万マイルしかためらなくても、7年後には夫婦でハワイに行く事ができます。

無期限に貯められるマイル

ANAカードの中で最もコスパが高い無期限マイルカード

マイルが無期限に貯められるANAカードは年会費が10万円以上のプレミアムカードのみです。

年間の決済金額が少なくても贅沢な海外旅行を楽しみたい人には、ANAアメックスがおすすめです。

2. ANAの上級会員、スーパーフライヤーズ(SFC)を目指す人がマイルを貯めやすいおすすめANAカード

ANAアメックスゴールドは将来的にスーパーフライヤーズカードを目指す人におすすめのANAカード。

スーパーフライヤーズカード
  • フライトマイルボーナスが大きい – +25%(通常は0%)
  • 航空券購入時のマイル還元率が大きい – 3%(通常は1%)
  • スーパフライヤーズカードに切り替えができる – (ゴールド以上)
  • マイルが無期限に貯められる

と、マイルが無期限に貯められるANAアメックスカードに加えて、さらに飛行機や旅行に関するベネフィットが充実しているANAカードです。

アメックスブランドのゴールドカードになるので、

  • 自動付帯の海外旅行保険
  • 家族にも保険が適用される家族特約
  • カードラウンジ
  • 手荷物宅配無料サービス
  • 海外旅行中のグローバルアシスト

といったベネフィットもしっかり使えます。

ANAアメックスベネフィット

サービスやステイタスがバシッと欲しい人におすすめのANAカードです。

スーパーフライヤーズカードへの切り替え時に審査なし

ANAアメックスゴールドはスーパーフライヤーズカードに切り替える際に審査がありません。

ANAのプラチナステータス取得後にANAカード審査に落ちてしまうと、SFCへの切り替えが出来ないままステータスが失効してしまいます。

それではあまりにも勿体ないので、プラチナステータスを目指す「前に」カードを発行しておくのが安全です。

航空券購入の還元率が3.5%

プラチナステータスを目指す際には、航空券を大量に購入することになります。

3.5%と聞くとたいしたこと無いように感じてしまいますが、かなり大きな差が出ます。

たとえば、羽田-沖縄のエコノミーに搭乗したとすると、

  • マイル還元率
  • フライトマイルボーナス
  • スカイコインへの交換

で差が出ます。

受け取ったマイルをスカイコインに交換すると航空券の購入代金に充てられます。

なので、受け取るマイルが航空券の実質的な割引と考えられます。

仮にANAマイレージクラブ会員と比較すると、割引率が倍くらい変わってきます。

航空券マイル還元フライトマイルスカイコイン
なし1000007387387.38%
ANAアメックスG10000350922148214.82%

プラチナステータスを取得するために飛行機に何度も乗る、いわゆる「ANA修行」「プラチナ修行」をする場合には、航空券を何度も購入します。

なので、スーパーフライヤーズ資格取得のための費用が数万円単位で変わってきます。

入会キャンペーンでマイルが一気にもらえる

また、現在開催中のANAアメックスゴールドの入会キャンペーンでは、最高60,000マイルがもらえます。

アメックスゴールド入会キャンペーン

60,000マイルを貯めるにはANAカードで600万円のカード決済が必要になります。

他のクレジットカードだと1,200万円のカード決済をしないと手に入らないマイル数です。

絶対に手に入れておきたいですね。

3. 仕事やプライベートで飛行機に乗る機会が多い人がマイルを貯めやすいおすすめANAカード

ANA VISAワイドゴールドカードと、ANAアメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カードは、ちょくちょく飛行機を利用する機会があって、快適に海外旅行に行きながら普段の生活でも貯めていきたい人におすすめの万能ANAカード。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード