飛行機のマイル・マイレージとは?貯め方と使い方を解説!

マイレージとはANAやJALといった航空会社が顧客に行うポイントサービス

全日空の「ANAマイレージクラブ」や日本航空の「JALマイレージバンク」の名前を聞いたことがあるかもしれませんね。

とはいえ、聞いたことはあるけど良く理解できなかったり、そもそも何に使えるかよく分からないと思います。

マイルを貯めたり使ったりするのは想像しているよりもずっと簡単

この記事では、マイレージの貯め方から飛行機に乗らずにマイルを貯める方法までを解説します!

マイル・マイレージとは

  • マイレージ – 航空会社のポイントプログラム
  • マイル – ポイントプログラムで貯まるポイントの名称

と考えると、イメージしやすいですよね。

たとえば、ビックカメラやヤマダ電機にもポイントカードがありますよね。

商品を購入すると、「ビックカメラポイント」や「ヤマダ電機ポイント」が貯まります。

商品の購入金額に応じて、一定の割合がポイントとして還元されるしくみです。

家電屋さんのポイントシステムと同じように、航空会社もポイントシステムがあります。

航空会社のマイレージプログラムでは、飛行機に乗ることでポイント=マイルが貯まります

貯めたマイルの使い道

貯めたマイルは主に、

  • 無料の航空券(特典航空券)
  • エコノミークラスからビジネスクラス、ファーストクラスへのアップグレード

に使う事ができます。

マイルを使うと現金で航空券を購入するよりも安く交換することができることもあって、マイルを貯める人が年々増えています。

飛行機に乗らない人には関係無い?

飛行機に乗ることでマイルが貯まるというと、「自分は飛行機に乗ることがほとんどないから、マイルは貯められないなー」と思ってしまうかもしれません。

実はマイルを貯める方法は飛行機に乗る以外にも貯める事ができます。

そのため、飛行機に乗らずにマイルをため、無料の特典航空券を使って毎年のように海外旅行に行っている「陸マイラー」と呼ばれる人達も多くいます。

マイルは飛行機に乗らなくても貯められる

マイルを貯める方法は、飛行機に乗るだけではありません。

  • 飛行機に乗る
  • クレジットカードで買い物をする
  • ポイントサイトで貯める

と、大きく分けて3つの方法で貯められます。

飛行機に乗ってマイルを貯める

移動する飛行距離に応じてマイルが貯まります。

貯まるマイルは、飛行距離×積算率(座席クラス)×ステータス

によって変わります。

たとえば、羽田(東京)-那覇(沖縄)に乗ると往復で「1,622マイル」が貯まります。

成田(東京)- ニューヨーク(アメリカ)に乗ると往復「7,394マイル」が貯まるといった具合です。

また、飛行機に乗って貯まるマイルは、ANAカードの有無やステータスによって増えるので、同じ路線で同じ座席クラス(運賃)であっても、倍以上のマイルが獲得できるようになります。

クレジットカードでマイルを貯める

マイルは提携クレジットカードを使う事でも貯められます。

日々の生活費をクレジットカードで行う事で、ほったらかしでもマイルが貯まります

マイルが貯まり易いクレジットカードは、普通のクレジットカードに比べて2倍以上も貯まります

そのため、クレジットカードでマイルを貯める場合、どのクレジットカードを選ぶかは大事なポイントになります。

たとえば、普通のカードで貯められるマイル還元率は0.5%程度。

100万円の決済で5,000マイルが貯まります。

一方、提携カードなどのマイルが貯まり易いカードなら、100万円の決済で1万マイルが貯まります。

東京-沖縄の特典航空券が18,000マイルなので、180万円をカードで決済すると特典航空券に交換することができます。

普段の生活費をカード決済に変えるだけで、ほったらかしで貯まっていくのは便利。

利用しない手はありません。

ポイントサイトでマイルを貯める

また、ポイントサイトでもマイルを貯める事ができます。

ポイントサイトは広告代理店のようなサービスで、さまざまな案件をこなすことでポイントが貯まります。

ポイントサイトでのポイントの貯め方は本当にたくさんあります。

たとえば、特定の商品やサービスを購入したり、アンケートに答えることでポイントが貯められます。

中には無料の商品やサービスを申し込むことでポイントをゲット出来る案件もたくさんあります。

案件から得られるポイントはマイルに交換することができるので、ちょっとした副業感覚でポイントサイト活動(ポイ活)でマイルを稼ぐ人も多くいます。

マイルの貯め方と使い方の流れ

マイルの貯め方と使い方は、家電屋さんやスーパーのポイントと同じ。

ポイントプログラムに入会して、貯めて、使う、でOKです。

ポイントカードと少し違うのは、

  • マイルを貯める方法が何通りもある
  • 特典航空券を予約する必要がある

といったところ。

とはいえ、基本的な使い方や流れはポイントカードと変わらないので、一通り覚えておけば大丈夫です。

  1. マイレージプログラムを選ぶ
  2. マイレージプログラムに入会する
  3. マイルを貯める
  4. マイルを使う
  5. 旅行する

マイレージプログラムを選ぶ

一口にマイレージ・マイルと言っても、まず考えなければならないのが、航空会社。

マイレージプログラムは航空会社によって別々なので、まずはどの航空会社のマイルを貯めるのかを決めなければなりません。

航空会社はたくさんありますが、日本で貯めやすいのは

  • ANA(全日空)- ANAマイレージクラブ
  • JAL(日本航空)- JALマイレージバンク

の2つ。

あまり飛行機を利用しないとどちらが良いか迷ってしまいますよね。

ANAとJAL、どちらが良いのか?

ANA、もしくはJALを普段からよく利用するのであればいずれかのマイレージプログラムでOKです。

もし、普段ほとんど飛行機を利用しないのであれば、行きたい旅行先(国)で選ぶのがおすすめ

というのも、航空会社には「アライアンス(提携)」のグループがあからです。

世界中にあるほとんどの航空会社はいずれかのアライアンスに加盟しているので、ANAで行きやすい国、JALで行きやすい国の2つに分かれます。

ANAグループ(スターアライアンス)が得意な国と路線、JALグループ(ワンワールド)が得意な国と路線があります。

せっかくマイルを貯めても、路線がなければ特典航空券を取ることができないので意味がありませんよね。

たとえば、人気のハワイなどであればANAもJALのどちらでも特典航空券を取ることができます。

ところが、ヤンゴン(ミャンマー)やムンバイ(インド)はANAでは行けますが、JALでは行けないといった具合です。

就航路線の数で考えると、スターアライアンス(ANA)が最も多く、加盟航空会社数は28社、192ヵ国の1330空港に就航しています。

一方ワンワールド(JAL)の加盟航空会社は14社で152ヵ国の992空港に就航しています。

マイルの貯めやすさはどちらも大差ないので、ANA(スターアライアンス)のマイルを貯めておけば困る事はほぼありません

入会登録をする

マイレージプログラムを決めたら、マイルを貯められるように入会登録を行います。

マイレージプログラムはANA、JAL共にウェブサイトから入会登録ができます。

ANAマイレージクラブに入会する
ANAマイレージクラブに入会する

氏名、住所、メールアドレス、パスワードといった個人情報を入力するだけなので、5-10分程度で完了します。

マイレージクラブへの登録が完了すると、IDとパスワードでそれぞれのサイトトップページからログインすることができます。

  • ANA – お客さま番号/パスワード
  • JAL – お得意様番号/パスワード

ログインすると、自分が持っているマイルを確認できるようになります。

マイルを貯める

マイルを貯める方法は大きく分けて3つあります。

  • 飛行機に乗って貯める
  • クレジットカードを使って貯める
  • ポイントサイトで貯める

普段、飛行機に乗る機会がなくてもマイルを貯める事ができます。

普段の生活費をクレジットカードに集中させるだけでマイルはほったらかしでコツコツと貯まっていきます

また、ポイントサイトで案件をこなしていくとドン、ドン、と大きくマイルを貯められます。

そのため、飛行機に全く乗らずに毎年海外旅行をしている「陸マイラー」も多くいます。

また、国際線のビジネスクラスに乗れてしまう分のマイルが一気に貯まってしまうクレジットカードの入会キャンペーンなどもあるので、想像しているよりも簡単にマイルは貯められます

マイルを使う

マイルが貯まったら、マイルを使います。

そもそもマイルを貯めるのは、無料の航空券である「特典航空券」に交換するためです。

特典航空券は通常の航空券と同様に飛行機を予約して、搭乗することができるチケットです。

なぜ特典航空券に交換するかというと、特典航空券は現金で航空券を購入するよりもはるかにお得になるのが理由です。

ハワイの往復ビジネスクラスが6万円?

たとえば、ハワイにビジネスクラスで行こうと思うと、35-50万円近くの費用がかかります。

一方、特典航空券なら60,000 – 68,000マイルを特典航空券に交換することができます。

普通のポイントであれば、1ポイント=1円として使う事ができるので、上のハワイのビジネスクラスであれば30-50万マイルが必要なはずです。

ところが、特典航空券を利用すると6万マイルで同等の航空券が購入できてしまいます。

現金で航空券を購入するのに比べて、還元されるポイント(マイル)を5-8倍も有効に使う事ができるんです。

どうせ貯めるならお得なマイル

クレジットカードだけを考えても、

  • 100円を使って1ポイントが貯まるカード
  • 100円を使って1「マイル」が貯まるカード

があるなら、せっかくなら還元価値を高められる「マイル」を貯めたいですよね。

これが、マイルを貯める人が増えている一番の理由です。

マイレージのメリットとたくさん貯めるコツ

マイルを貯めるメリットは、無料の航空券である特典航空券に換えられること。

そして、いろんな方法でマイルを貯められることです。

  • 飛行機に乗って貯める
  • クレジットカードで貯める
  • ポイントサイトで貯める
  • クレジットカード入会キャンペーンで貯める

はじめは覚えることもたくさんありますが、慣れてしまえば、

「普通に生活しているだけでマイルが貯まっていく」

ようになります。

貯めたマイルを特典航空券に換える事で、家族や親を旅行に連れて行くことができるのがマイルを貯める一番のメリットです。

マイルをたくさん貯めるコツ

マイルを貯められる方法がいくつもあるので、難しく感じてしまうかもしれませんが、マイルを効率よく貯めるテクニックはたくさんあります。

同じように生活していてもたくさんのマイルを貯められたり、マイルの還元率を上げたり、ハワイのビジネスクラス特典航空券分のマイルが一気に取れてしまうといった方法もあります。

飛行機にほとんど乗らず、クレジットカードの利用額が少なくても、毎年飛行機で旅行に行けるマイルを貯める事ができます

マイルを貯めるのは想像しているよりも簡単なので、毎年の旅行を目指してマイルを貯めはじめましょう!

運営者情報

テツ夫

テツ夫

クレジットカードやステータス制度を利用して旅行を快適に過ごすための方法を実践。
クレジットカードや陸マイルを利用してANA100万マイルを約2年程度で貯める。
ラクして得するのは好きだが、細かく面倒なことは嫌い。
「ANAダイヤモンド会員、Marriottチタン会員、ヒルトンダイヤモンド会員、IHGスパイアエリート会員」を取得。
自分自身の経験から、得して旅を楽しむための情報とTipsを紹介します!

amazonでタイムセール商品をチェック!

「飛行機のマイル・マイレージとは?貯め方と使い方を解説!」の目次

Scroll to Top