海外旅行保険でスマホの破損や盗難は補償される?

海外旅行で心配なのがスマホの破損や盗難。

旅行先ではテンションも上がってスマホを落として割ってしまうこともありますが、そうなるとテンションもダダ下がり、、、。

また特にアジアエリアで怖いのはスリや置き引き。

特にiPhoneなどの高級スマホは人気が高いので、想像しているよりも狙われています。

結論からいえば、海外旅行でのスマホの破損、故障、盗難は海外旅行保険で補償されます。

馴れない海外で常に持ち歩くスマホは日本にいるときよりも落として画面が割れてしまったり、壊したりするリスクも格段に上がります。

高価なスマホを持って行くときには海外旅行保険に入っておくのがオススメです。

  1. 旅先でスマホが割れても保険OK!
  2. 自分で落として割れても保険OK!
  3. 無料で携行品保険を持つには!?

スマホの破損や故障も、海外旅行保険の補償対象

スマホの盗難や破損を補償してくれるのは、海外旅行保険の中に含まれる「携行品損害保険」という保険です。

具体的には、

  • スマホがスリや置き引きで盗まれた
  • スマホを落として画面が割れてしまった
  • スマホを落として故障してしまった

といった状況でも海外旅行保険が補償してくれます。

携行品損害保険は、全額補償してくれるの?

ほとんどの保険会社が、スマホの破損や盗難に関しては10万円程度を上限として補償してくれます。

破損の場合であれば、修理費用。

盗難の場合であれば、盗難時の価格相場で補償金額を算出します。

そもそも、携行品損害保険ってなに?

携行品損害保険は、カンタンに言えば旅行に持って行く身の回り品を補償するための保険です。

スマホだけでなく、バッグ、カメラ、パソコン、時計、衣類なども携行品として補償してくれます。

ですので、

  • ツアー中にカメラを落としてレンズが割れてしまった
  • ホテルのラウンジでパソコンを落として画面が割れてしまった

といった場合でも携行品保険で補償が効きます。

また、旅行中に購入したものも携行品として扱われます。

補償されないモノは?

現金やクレジットカードは携行品として含まれません。

  • 200万円入っていた財布が盗まれた

といった場合でも、補償されるのは財布のみ、ということですね。

また、故意や重大な過失はNGとなります。

ですので、ベロベロに酔っ払って財布やスマホを置き忘れてしまった場合は携行品損害保険の対象外となります。

いくらまで補償してくれるの?

保険会社の携行品損害保険を見てみると50万円とか30万円など、金額はさまざま。

なのですが、実際にはほとんどの保険会社は、

「1商品あたりの補償上限金額は10万円まで」

と定めています。

ですので、たとえば

  • 12万円のiPhoneが盗まれた
  • 30万円のMacBookProが盗まれた
  • 20万円のカメラレンズを落として割ってしまった

といった場合でも、それぞれ最高10万円までしか補償されません。

盗難の場合も破損の修理代金の場合も、上限金額は1商品あたり10万円までです。

破損や盗難といった事故が起こったらどうすれば良いか?

万一、旅行先で破損や盗難に遭ってしまった場合には、帰国後に保険会社に保険の申請を行います。

保険の申請は難しくはありませんが、事故の状況などを説明する資料を提出する必要があります。

ですので、事故が起こって保険申請が必要になってしまったら、現地で必要な情報を揃えておくと手続きがスムースです。

やることはザックリと4つのステップ。

  1. サポートに電話する
  2. 現地で必要な情報を揃えておく
  3. 帰国後に保険申請をする
  4. 補償金を受け取る

順番に解説します。

1. まずやることは、サポート窓口に電話

保険会社には国ごとにサポート窓口があるので、事故の連絡をします。

フリーダイヤルになっていて、日本語で対応してくれるので安心です。

時間外であったり、どうしても繋がらない場合には日本の窓口に国際電話で電話をしましょう。

保険会社のサポートに事故状況を伝えると、

  • 保険申請に必要な手順
  • 保険申請のためにやるべき事

を教えてくれます。

2. 現地でスマホなどの携行品が破損した場合は写真を撮っておく

スマホを落として画面が割れてしまったり、水没で故障してしまった場合には写真を撮っておきましょう。

別のカメラや友人のスマホを借りて、

  • 事故現場の写真
  • 破損したスマホの写真

を取っておくと、後からの書類提出の手続きがラクになります。

2. 現地でスマホなどの携行品が盗難に遭ってしまった場合は事故証明を取っておく

スマホなどの携行品が盗難に遭ってしまった場合は、現地の警察で事故証明が必要になります。

「ポリスレポート」といわれるものですが、最寄りの警察署でポリスレポートが必要と言えば出してくれます。

英語でのやりとりになる事が多いので、保険会社のサポート窓口に手順を確認するか、サポートを依頼するのが良いでしょう。

3. 帰国後に資料と書類を記入して送付

帰国後、保険申請に必要な資料が自宅に届きます。

資料の保険金請求書には、日時や詳細な事故状況を記入する必要があります。

また、

  • 旅行の証明をするためのeチケットのコピーや搭乗券の半券
  • 故障したスマホの修理見積書(※故障・破損の場合)
  • 故障や破損が確認できる写真(※故障・破損の場合)
  • 盗難されたスマホの購入証明書(※盗難の場合)
  • 事故証明書(※盗難の場合)

といった資料の提出が必要になります。

4. 補償金を受け取る

審査を通過すると連絡があり、その後補償金が指定の口座に振り込まれます。

携行品損害保険が付いたクレジットカードを持っておけばOK

スマホの破損や故障、盗難のためのおすすめ海外旅行保険はエポスカードに付帯する海外旅行保険。

エポスカードには海外旅行保険が自動付帯しているので、海外旅行に持って行くだけで携行品損害保険が適用されます。

しかも年会費は無料なので、実質無料で携行品損害保険が手に入ります。

一般的な海外旅行保険は一回の旅行で数千円の保険料がかかります。

しかも、保険の有効期限は旅行期間中だけ。

海外旅行保険が付帯するエポスカードを持っておけば、「いつ」「何回」海外旅行に言っても携行品損害保険が無料で使えます。

期間限定!8,000ポイントプレゼントキャンペーン開始。作るなら今! エポスカード
エポスカード
特徴
年会費無料で旅行保険が自動付帯する海外旅行には必須のクレジットカード。
年会費付帯条件
無料自動付帯
障害治療疾病治療
200万円270万円
携行品損害賠償
20万円2,000万円
開催中のキャンペーンを見る
ポイント
  • 年会費が永年無料
  • 傷害/疾病が200万円/270万円
  • 自動付帯だから持っているだけで保険適用

運営者情報

テツ夫

テツ夫

クレジットカードやステータス制度を利用して旅行を快適に過ごすための方法を実践。
クレジットカードや陸マイルを利用してANA100万マイルを約2年程度で貯める。
ラクして得するのは好きだが、細かく面倒なことは嫌い。
「ANAダイヤモンド会員、Marriottチタン会員、ヒルトンダイヤモンド会員、IHGスパイアエリート会員」を取得。
自分自身の経験から、得して旅を楽しむための情報とTipsを紹介します!

amazonでタイムセール商品をチェック!

「海外旅行保険でスマホの破損や盗難は補償される?」の目次

Scroll to Top