横浜インビテーションカードは海外旅行のサブカードに最適!

横浜インビテーションカードは海外旅行のサブカードに最適!

横浜インビテーションカードを持つ1番の理由は「海外旅行保険」

横浜インビテーションカードを持つ最大の理由はズバリ「海外旅行保険」

海外旅行保険は、海外旅行に行く際に空港などの保険代理店で加入する海外旅行用の保険。

日本から近いアジア旅行でも数千円はかかり、日数が伸びれば数万円単位の保険料になることもあります。

それが、横浜インビテーションカードに付いていて、さらに年会費無料で使えるのが最大のメリットになります。

横浜インビテーションカードの特徴とメリット

まず、横浜インビテーションカードの特徴を見ていきます。

  • 年会費無料
  • 海外旅行保険
  • 家族カード無料(旅行保険付帯)

年会費が無料で使える

横浜インビテーションカードは年会費が無料のカード。

審査に通れば一生涯無料で持ち続けることができます。

横浜インビテーションカードは年会費無料

海外旅行保険が付いている

海外旅行保険は横浜インビテーションカードの最大のメリット。

主な保険内容と補償金額です。

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高2000万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 200万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額)
救援者費用 200万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

保険の専門用語と数字を見せられてもよく分からないかもしれませんが、年会費無料で使えるクレジットカードの海外旅行保険としては破格の内容です。

一般的なゴールドカードでもここまで充実した内容の保険はあまりありません。

家族カードが無料で発行できる(旅行保険が付帯)

横浜インビテーションカードは、家族カードを発行することができます。

さらに、家族カードの年会費も無料になります。

「ピン」と来た人もいるかもしれませんが、無料で発行できる家族カードにも海外旅行保険が付帯します。

つまり、奥さんや両親の家族カードを発行するだけで、家族の海外旅行保険として使う事もできてしまいます。

横浜インビテーションカードの注意点とデメリット

海外旅行保険が強力な横浜インビテーションカードですが、一つだけ弱点があります。

それは、メインカードとして使うには力不足な点です。

メインカードになり得ない具体的な理由は、「還元率が低い」ことです。

横浜インビテーションカードの発行元である「JACCS」の「ラブリィポイント」は200円で1ポイント。

つまり、ポイント還元率は0.5%となります。

ラブリィポイントの還元率

利用金額に応じて還元ポイントが上昇する「ラブリィ☆アップステージ」を利用してもMAX1%となります。

ラブリィポイントのステージ

ポイントアップ率 ポイント還元率
300万円以上 100% 1
200万円以上 90% 0.95
150万円以上 80% 0.9
100万円以上 70% 0.85
50万円以上 50% 0.75

横浜インビテーションカードはどんなカード?

横浜インビテーションカードはJACCSが発行するカード。

カードブランドはマスターカードのみとなっています。

年会費無料で海外保険が充実! 横浜インビテーションカード
横浜インビテーションカード
特徴
エポスと並んで海外旅行保険が充実の「隠れ」カード
年会費付帯条件
無料自動付帯
傷害治療疾病治療
200万円200万円
携行品損害賠償
20万円2,000万円
キャンペーンを見る
ポイント
  • 年会費が永年無料!
  • 傷害/疾病保険が200万円/200万円!
  • 自動付帯だから持っているだけで保険適用!</li]

年会費も無料なので、海外旅行保険をクレジットカードでカバーしている人は作っておいて損はありません。

エポスカードと比べてどうか?

海外旅行保険が付帯するクレジットカードだとエポスカードが有名ですが、海外旅行保険の内容を比べてみても全く遜色ありません。

保険の種類 横浜インビテーションカード エポスカード
付帯条件 自動付帯 自動付帯
傷害死亡・後遺障害 最高2000万円 最高500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額) 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 200万円(1疾病の限度額) 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額) 2000万円(1事故の限度額)
救援者費用 200万円(1旅行・保険期間中の限度額) 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

海外旅行保険が付帯するカードを複数持って保険を「上乗せ」するには最適なカードです。

横浜インビテーションカードで海外旅行保険を上乗せする方法

海外旅行のサブカードとして最適な横浜インビテーションカードですが、具体的な使い方としては海外旅行保険の上乗せに使います。

付帯条件が「利用付帯」のカードでは旅行代金をカードで決済する必要があるので旅行保険として利用する手順が複雑になってしまいます。

一方、横浜インビテーションカードの海外旅行保険は「自動付帯」なのでカードを持っているだけで保険が適用されるのが便利です。

たとえば、同じ自動付帯の「エポスカード」と「横浜インビテーションカード」の2枚を持って海外旅行に行く場合は、以下のような海外旅行保険が適用されます。

保険の種類 横浜インビテーションカード エポスカード 適用される保険
傷害死亡・後遺障害 最高2000万円 最高500万円 2000万円
傷害治療費用 200万円 200万円 400万円
疾病治療費用 200万円 270万円 470万円
賠償責任(免責なし) 2000万円 2000万円 2000万円
救援者費用 200万円 100万円 300万円
携行品損害(免責3000円)20万円20万円40万円

手続きや申請は特に必要ありません。

海外旅行中に何かあったときは、カードを持っているだけで保険を利用する事ができます。

横浜インビテーションカードで家族の海外旅行保険を利用する方法

横浜インビテーションカードは家族カードを発行することができます。

また、家族カードの発行には手数料も年会費もかからないので、無料で利用できます。

さらに、家族カードにも海外旅行保険が付帯するので、家族の海外旅行保険を実質的に無料で使う事ができます。

家族カードを発行する際の注意点

  • 家族カードを発行できるのは、配偶者・子供・両親
  • 子供は18歳以上である必要がある
  • 両親は同居してる必要がある

家族カードの申し込み条件

家族カードの発行に制限があるので、「家族特約」のような使い方をすることはできませんが、状況によっては上手く利用する事ができます。

たとえば、

  • 両親が海外に行くので家族カードを発行しておく
  • 妻と海外旅行にいくので家族カードを発行する
  • 自分と妻はクレジットカードの海外旅行保険を使って、子供だけ保険会社の旅行保険に加入する
  • 安い海外旅行保険に加入して、クレジットカードの付帯保険で補強する

といった使い方ができます。

横浜インビテーションカードを作る

横浜インビテーションカードは海外旅行のための強力なサブカード。

エポスカードと並んで海外旅行保険を無料で持つことができる「海外旅行好きが持っておくべきカード」です。

無料で使う事ができるカードなので、

  • 海外旅行に行く予定がある人
  • 海外旅行に行きたいと思っている人

は、持たない理由がありませんね。

横浜インビテーションカードを公式サイトで確認する

運営者情報

テツ夫

テツ夫

クレジットカードやステータス制度を利用して旅行を快適に過ごすための方法を実践。
クレジットカードや陸マイルを利用してANA100万マイルを約2年程度で貯める。
ラクして得するのは好きだが、細かく面倒なことは嫌い。
「ANAダイヤモンド会員、Marriottチタン会員、ヒルトンダイヤモンド会員、IHGスパイアエリート会員」を取得。
自分自身の経験から、得して旅を楽しむための情報とTipsを紹介します!

amazonでタイムセール商品をチェック!

「横浜インビテーションカードは海外旅行のサブカードに最適!」の目次

Scroll to Top