実録!エポスゴールドインビテーション – 2月

エポスカードゴールドのインビテーションを狙ってクレ活中です。

2月のエポスゴールドチャレンジです。

2月の利用履歴は65,000円。

エポス利用額2月分

今月気を付けたのは、前月と同じポイント3点。

  1. 生活感を出す(コンビニや飲食)
  2. 広範囲で使う(出張、旅行先で積極的に使う)
  3. 4-5万円の範囲で使う

コレに加えて、旅行先(沖縄)でも利用するようにしてみました。

利用金額

65,000円ほどの決済ですが、基本的には普段の生活の範囲。

コンビニやスーパーでの買い物が主です。

普段使っているよ感を出すために、2日は開けない感じで使っている感じです。

 

金額は年間50万円がインビテーションのボーダーラインなので、

50万円÷12ヶ月=4.1万円

は最低使っていく予定です。

 

最悪、インビテーションを受けなくても12ヶ月後には無条件でエポスゴールドの権利が受け取れるように保険を掛けています。

 

旅行先での利用

正直、どのようにジャッジされるのかは謎です。

ただ、ネットリサーチから海外キャッシングの利用から早期インビテーションを得ている人もいることから、海外での利用は何しかしらの評価があるのかもしれません。

もしくは、単に海外キャッシングに対しての評価である可能性もあります。

 

とはいえ、少なくとも旅行先でのカード利用がマイナス評価になることはないのでできる限り利用するようにしてみました。

今月のエポスゴールドチャレンジリサーチ

  • ほとんどの人が50万円の利用でインビテーションを受けている
  • 早期インビテーションを受けている人は、長期ホルダーであることが多い
  • 長期ホルダーは利用額が50万円に満たない段階でもインビテーションを受けている

ほとんどの人が50万円の利用でインビテーション

エポスカードは50万円以上の利用で、翌年以降のゴールド年会費は無料になります。

実質、インビテーションと同じですね。

ですので、インビテーションを意図的に狙うよりも、1年間で決済額が50万円に到達するように利用を重ねて、インビテーションが来ればラッキー程度に考えておくのが良いかもしれません。

長期ホルダーは早期インイテーションを受けやすい?

10年単位でのカードホルダーは、ずっと使っていない期間があったとしても数ヶ月でインビテーションを受けている事例がたくさんあります。

もし、エポスカードが学生の頃に作って使っていないとか、財布の中で何年も眠っているのであればエポスゴールドを狙って支払いを集中させるのはアリだと思います。

 

まとめ

ムリヤリ2−3ヶ月でインビテーションを攻略するよりも、1年間で50万円の利用額を達成する計画を立てて決済を重ねるのが賢い戦略だと思います。

その中で、早期インビテーションを受けることができればラッキー程度に考えておく方が気がラクですね。

運営者情報

テツ夫

テツ夫

クレジットカードやステータス制度を利用して旅行を快適に過ごすための方法を実践。
クレジットカードや陸マイルを利用してANA100万マイルを約2年程度で貯める。
ラクして得するのは好きだが、細かく面倒なことは嫌い。
「ANAダイヤモンド会員、Marriottチタン会員、ヒルトンダイヤモンド会員、IHGスパイアエリート会員」を取得。
自分自身の経験から、得して旅を楽しむための情報とTipsを紹介します!

「実録!エポスゴールドインビテーション – 2月」の目次

Scroll to Top